ブラインシュリンプ
 …孵化

2013.01.10

 

水温に大きく左右されますが、水に浸けて24時間ぐらい経つと、殻が割れて孵化が始まります。

 

 


すべての卵が同時に孵化し始めるわけではないので、一つをピックアップ。

 

一箇所に、「割れる」というよりは「めくれる」ように切れ目が入り、頭の方から出てきます。

 

 

 

この個体は、腹側をこちらに向けてますね。

 

完全に殻から出ました。

 

逆の背側をこちらに向けると、赤い点があります。これは口のように見えますが、実は、目です。

 

しばらく観察していると、腹の先で、殻が膨らむような状態が見られますが、これは脚です。身体に密着していた脚が体液で膨らんで動き始めたのです。

 

透かして見ると、カブトムシやセミのサナギのように、脚を伸ばして腹にピッタリとひっつけているのがわかります。殻から出るときに引っ掛けて傷めないための工夫なのでしょうね。

  

 

 

 


HOME INDEX BACK